コンプレックスやエイジングケアも|仙台の美容外科で受けられる施術

レディー

気になる汗やにおい

ドクター

ワキガや多汗症は、季節を問わず汗やにおいが気になります。自分だけではなく、周りの人に不快な思いをさせていないかと心配になる方も多いでしょう。思春期に発症することが多く、大人になっても悩む方がたくさんいます。ワキガや多汗症は自分で治すことはできないので、仙台の美容外科で施術を受けてみましょう。美容外科のワキガ・多汗症の施術には、大きく3つに分けられます。切開法と、超音波などを使用した専用機器による治療、そしてボツリヌス・トキシンを注入する方法です。どの程度のワキガ・多汗症なのかによって施術法も変わってきますが、切開する方法以外にも治療法はありますので、傷を残したくないという方でも安心です。

重度のワキガ・多汗症の方は、切開法や超音波による専用機器での施術をおすすめします。超音波を使用した機器は、切開する幅も小さく済むだけではなく、アポクリン汗腺をしっかりと取り除きます。汗やにおいの原因となるアポクリン汗腺を取り除くことで、その後の汗の量はだいぶ軽減されます。もちろんにおいも発生しにくくなります。傷痕はワキのシワに紛れるので、人に見られても気づかれる心配はありません。専用機器で汗腺を取り除いた後には、目視でも汗腺が残っていないか確認します。そのときに残っていた場合は丁寧に取り除き、施術は終了です。機器と目視で確認して取り除くので、完全に治療することができます。施術後は丸一日固定する必要があるので、施術後は安静にしておきましょう。行動も制限されるので、どのような注意が必要か確認し、施術を受けるタイミングを決めましょう。施術時間は数十分程度ですし、抜糸のために通院する必要もありません。麻酔も行なうので痛みが心配な方でも大丈夫です。カウンセリング時には、どの程度のワキガ・多汗症かを確認しますので、制汗剤は使用せず、シャワーも浴びないでおきましょう。

ワキガ・多汗症が重度ではない場合や、切開するのが怖いという方は、ボツリヌス・トキシンを注入する方法が良いでしょう。この施術は注入する方法のため痛みも少なく、施術時間も数分から数十分で済みます。施術後はすぐに通常通りの生活を送れるので、忙しい方でも安心です。こちらの施術も仙台の美容外科で受けられます。ボツリヌス・トキシンを注入することで汗の量を抑えることができ、同時ににおいも軽減されます。ただし汗腺は残ったままですので、定期的に施術を受ける必要があります。また、授乳中の方はこの施術を受けることができないので注意しましょう。ほかにもいくつか施術を受ける条件がありますので、仙台の美容外科で確認してみましょう。カウンセリング時にどの施術がいいか判断してもらえますが、気になる方は先にインターネット等で実際に施術を受けた人の感想も調べてみると良いでしょう。汗やにおいは自分も、そして周りも気になってしまうものです。その悩みから解放されるためにも、施術を受けることが大切です。自分では対処できないワキガ・多汗症も、専門である美容外科で確実に治療しましょう。それぞれの施術の特徴を知ったうえで仙台の美容外科で相談し、施術法を決めると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加